トイレは、劣化が早い設備のひとつだと思っています。高崎市に注文住宅で平屋住宅を建てて、かれこれ10年が経ちますけれど、水回り設備の中でもやはりトイレは、劣化が早い設備のひとつだと思いますもん。

やっぱり使用頻度が高い設備ほど、劣化が進んでしまうのです。キッチンにしてもそうですよ。ほとんど使っていないシステムキッチンの収納なんかは、劣化なんてないと言えるものなんです。

けれど、しょっちゅう使用しているシンク及び水栓バーは汚れてきてしまうものですね。いや、汚れだけではなくて、劣化も激しい。最近では、バーの上げ下げがスムーズにできなくなってきているような気がして、メンテナンスの時期がやってきたことを感じています。

そして話は戻って、トイレの劣化も激しいのです。窓からの日差しによる日焼けのこともさることながら、陶器の劣化は感じますね。週に1度ペースぐらいで洗ってはいるのですけれど、しかし陶器の経年劣化は防ぐことができないのかも知れません。徐々に消えない陶器汚れができてきてしまうのですよね。

ですからまあ、家づくりのアドバイスとして言えることは、「トイレは安物を入れないこと」と、「自動洗浄機能、評判いいよ!」ということです。できるだけキレイな状態で長持ちさせたいと思うのでしたら、トイレ設備選びの際には、この2点を気にかけておくといいでしょう。