放置空き家のカビはひどいものだ

空気の入れ替えをしていない住宅にはカビが発生します。空気の流れがないとカビが発生してしまうのですよね。なぜにこのようなことがわかるのかと言いますと、私が空き家を持っているからなのです。空気の循環がない家というのもは、本当に「瞬く間にカビが発生する!」と言ってしまいたくなるぐらいに、カビが勢い良く繁殖するのですよね。

ですから私も時々、空き家となってしまっている元祖母宅に家の空気の入れ替えにいっています。ですから私が持ち主となっている空き家に関しては「放置空き家」とは言えないことと思います。けれどもうちの近所の空き家に関しては、もう「完全に放置空き家」だと言ってもいいぐらいなものだと思います。そしてだからこそ、カビがものすごい状態になっているのではないだろうかと思われるのです。

けれどもまあ、それでその放置空き家が外との接触が一切ないのならばまだいいでしょう。しかし窓ガラスが割れているその放置空き家は、割れている窓ガラスから外との接触がありますからね。ですからカビが飛んで来そうでいやなんです。猫だって出入りしているようですから、病原菌がばらまかれそうでいい気持ちはしませんね。ですから放置空き家を本当になんとかして欲しいです。

PR|解体費用の相場を比較