空き家放置によるトラブル

空き家が放置されてしまうというトラブルが最近ではたくさん起こっているといわれています。
そこで、空き家放置によって、具体的にどのようなトラブルが起こり、周辺に被害が出るのでしょうか。

 

まず、空き家が放置されることによって、老朽化が進んでしまうというトラブルがあります。機密性の高い住居であればあるほど、閉めきってある場合には、それだけ中に湿度がこもり、老朽化の原因となって仕舞いかねません。

 

そして、建物自体の倒壊や、周囲への被害などが考えられると言えるでしょう。
たとえば、外壁が崩れ落ちてしまったり、台風で屋根が転落してしまうなどの事故が起きてしまうという可能性もあります。富山市でも解体工事業者に事前調査を頼む人が増えているそうです。

 

通常、住んでいる場合にはこういったトラブルなどは事前に修繕をするなどをして、トラブルを防ぐことが出来ますが、住んでいない場合には、常時監視をすることが出来ませんので、修繕をすることが出来ません。このため、周囲に被害が及んでしまうのです。

近くにある空き家がとても怖い

私が住んでいる家から3分程度の場所に空き家があります。数年放置されていたようですが、壁全体までにもツル性の植物で取り囲まれており、中身が分からない状態です。家主の方は数年前に亡くなったそうですが、かなり古い物件なので、人が住むのには適していないのも見た目でよくわかります。

西向きに建てられた家なので、夏の日中の日にはかなり室内の気温も高くなるのかもしれません。庭にも雑草が生えっ放しで、ある時に大きな蛇の青大将が出てきたことがあり、とても恐ろしく思ったことがあります。このような危険な生物などが住み着いてしまうのも怖いと思います。

そればかりではなく、中に犯罪者などが住みついたらどうしたらよいのかと思うこともあります。近所の人に聞いてみると、やはり一番怖いのが地震による倒壊だそうです。時々地域の人が見に行くこともあるそうなのですが、室内もかなり散らかっており、だからといってそれを片付ける権限も無く解体業者に解体工事を依頼する訳にもいかず困っているということです。

親戚から空き家付きの土地をもらいました。

10年ほど前に親が亡くなり土地を相続したのですが、上に家が建っていました。土地は亡くなった親の物でしたが、家は持ち主が別にいました。
その家は何年も昔からお好み焼き屋を経営していたのですが、家主が店を放棄し、そのまま放置状態になっていました。
家主の方に店を処分するように勧告はしましたが、家主は家屋を壊すことはせず「ほっとけば壊れる」などという始末です。
わざわざこちらが郡山の相場を調べて解体費用を出す義理もないし、無理に更地にしても固定資産税が何倍にもなるので、どうにもなりません。
その土地は自宅から高速を通って1時間以上はかかるので様子を見てくるだけでも一苦労です。
近所の不動産事務所に相談に行きましたが、「もし私があなたの立場なら、そんな土地はさっさと売ってしまう」と言いますが
土地を売れば、税金やら何やらで本来の値を大きく削られます。
何とかしなければと思うのですが、結局放置状態にならざる負えず今に至ります。
このような内容でよろしいですか?

空き家解体の業者を選ぶポイントと資格有無

空き家解体を検討する際には、どこか専門業者に任せるケースが殆どです。一応物理的には、解体作業を自力で行う事も可能ですが、その手間は非常に大きいです。自力というよりは、やはり解体の専門業者に任せる事にはなるでしょう。

それで業者選びで迷ってしまう事も、しばしばあります。あまり解体に慣れていないので、具体的にどの業者を選ぶべきか迷ってしまう事もあるでしょう。

そういう時の着眼点の1つに、資格有無が挙げられます。少なくともそれを保有しているか否かは、間違いなく重要なポイントになるのです。横浜市にも空き店舗解体費用に定評ある業者が多くあります。

そもそもきちんとした業者であれば、空き家解体に関する資格は保有している筈です。しかもその届け出なども、公的機関に行っている筈なのです。

逆に、中にはその届け出を行っていない業者も存在します。もちろんそういう業者ですと、何らかのトラブルが生じる可能性もあるでしょう。ですから業者の公式サイトなども見た上で、資格の有無を確認しておく方が無難です。

ずっと気になっている近所の空き家について

自宅から徒歩圏内に一目見てすぐに空き家だと分かる家があります。家の窓はどこも雨戸でぴったり閉めてあり、庭は草が生い茂っていて人の背丈程にまで伸びてしまっています。そして全体的に薄暗い雰囲気を醸し出していて、正直少し怖い印象があります。
犬の散歩でこの空き家の前を毎日通っていますが、初めて見た時からもう2年くらい経っている気がします。ずっとこのままの状態がこれからも続くのかは分かりませんが、人が住まない家というのはとても寂しい印象になるのだとこの空き家を通して強く感じました。周囲の家は人の気配が勿論あります。その中でこの家だけが取り残されているように見えて少し切ないです。
今は日本中で空き家問題が起こっているので、放火の不安や治安の問題等は勿論懸案事項ではありますが、空き家独特の寂れた雰囲気も周囲に与えている影響は大きいのではないかと考えています。出来る事なら新たな住人に住んでもらうか、小牧市の安心できる解体業者に依頼してもらい更地にして欲しいと、お節介かもしれませんがこっそり願っています。

市の空き家対策も今のところ効果を得ず

私の住んでいるエリアは古い時代に住宅街として発展してきましたが、大規模な土地の造成は行われず、従来からある低山や谷戸の地形をそのまま残し、その上に直接家を設けるというもの。
ですから通勤や通学だけでなく普段の生活においてもきついアップダウンを幾つもこなさねば自宅に辿り着けず、直線距離的には最寄駅に近くとも、その行程の大変さから人気が衰え、いつしか相続されずに空き家化してしまった住宅が点々と存在する様になりました。
私自身幸いにも足腰は丈夫、普段からそういったルートを登り降りするにも身体が慣れており苦に感じず、また緑豊かなこの土地が気に入っていましたから問題は無いのですが、やはり周辺の高齢者を見るとその生活の大変さを簡単に察する事が出来、空き家が増加するのも無理は無いと思うものでした。
最近では市の方でもその事態の深刻さを受け止め、スムーズな権利の移動や土地・建物の売買を促す制度、あるいは新たにそれらのエリアに住まう際の助成制度を充実させつつありますが、まだ成功と言うには程遠いというのが現状。未だ放置されている近隣の空き家の存在がそれを如実に示しているのです。

PR|横浜市の空家を安心できる解体業者に|

住宅街の放置空き家の悩み

高齢化や過疎化の問題が重なり、日本では空き家が増えています。数十年後には住宅の3割から4割が空き家になるというショッキングな予測もあります。

空き家は放置されてしまうといろいろな問題を生みますね。まず庭が草ぼうぼうになりますし、建物はどんどん老朽化します。住宅街での治安や衛生上の問題は無視できません。

地域によっては、住宅街を歩くと放置されているらしい空き家を目にすることが珍しくありませんね。

今までの自分の経験でも住宅街で放置された悲しい空き家はたまに見かけました。近所に放置空き家があった場合、まず気になるのは庭の草木ですね。数年放置しておけば、庭は立派な藪になります。虫がたくさん発生するのも嫌ですし、もっと深刻なのは蛇の住みかになってしまうことです。地方によってはイノシシが住み着くというのもあり得ます。

放置空き家のある住宅街に住んでいた時は、その空き家に子どもたちを近づせないように言い聞かせるのが大人たちの悩みの種でした。遊び場にしてしまうと危ないですからね。

今、放置され続けた空き家の強制的な解体工事や、空き家を活用する制度なども始まっています。放置空き家はそのままにしておけない問題なので、こういった安心できる解体工事などの制度の周知が大切です。

放置空き家が近所の物件の価値を下げる

「近くに空き家がありますとね、こちらの建売住宅もなかなか買い手がつかないんですよ」などと言われましても、そんなもん知るかーと叫びたい気持ちですよ。「だったらアンタのところでうちの空き家を買い取ってくれよー」というものですよ。その件もやんわりと伝えましたが、断られましたけれど。建売住宅を建てるのには、ちょっと広めの土地だということで。

しかしまあ、ストレートに言ってしまいますと、見た目が汚らしい空き家がありますと、人が寄り付かないというのは本当なようで、同じような建売住宅でも別な地域に建てた物件は、その問題の空き家がある地域の建売住宅よりも買い手がついてきたそうなのですよね。

まあそのようなことを間接的に言われましても、先立つものは「お金」ですから。わざわざ空き家の持ち主を聞いて連絡してきたということは、近所の人も不満がたまっているんだろうなーとは思いつつもすみませんがまだ私はどうすることもできないんですよね。なんとなくのポーズで板を打ち付けにいったことはありますが。

まさか自分が空き家問題に巻き込まれるとは思わなかったものですよ。近隣住民のお気持ちもわかりますが、しかし私の住んでいる地域から車の距離ということもあって、それほどまでには声がとんでこないことが幸いだと言えるかもしれません。不動産会社に掛け合ってはいるのですがなかなか、こちらも買い手がつかないようで。それにより近くの不動産物件の価値が下がるのは申し訳ないとは思いますが。
PR|大阪市の解体費用を安く

放置空き家のカビはひどいものだ

空気の入れ替えをしていない住宅にはカビが発生します。空気の流れがないとカビが発生してしまうのですよね。なぜにこのようなことがわかるのかと言いますと、私が空き家を持っているからなのです。空気の循環がない家というのもは、本当に「瞬く間にカビが発生する!」と言ってしまいたくなるぐらいに、カビが勢い良く繁殖するのですよね。

ですから私も時々、空き家となってしまっている元祖母宅に家の空気の入れ替えにいっています。ですから私が持ち主となっている空き家に関しては「放置空き家」とは言えないことと思います。けれどもうちの近所の空き家に関しては、もう「完全に放置空き家」だと言ってもいいぐらいなものだと思います。そしてだからこそ、カビがものすごい状態になっているのではないだろうかと思われるのです。

けれどもまあ、それでその放置空き家が外との接触が一切ないのならばまだいいでしょう。しかし窓ガラスが割れているその放置空き家は、割れている窓ガラスから外との接触がありますからね。ですからカビが飛んで来そうでいやなんです。猫だって出入りしているようですから、病原菌がばらまかれそうでいい気持ちはしませんね。ですから放置空き家を本当になんとかして欲しいです。

PR|解体費用の相場を比較